はじめての方へ

  •  2019年度 入 園 の ご 案 内 § 

          ☆☆☆☆☆
       

     ” わたしが  ひとりで  できるように  てつだって  ください ”

         と、こどもは  呼びかけているのです
                     -----マリア・モンテッソーリ-----

" 子どもの家 "では、この子どもの心の呼びかけにこたえた、モンテッソーリの「子ども観」「教育観」に基づいた方法で、子ども一人一人の " 自立 "の援助 を致します

         ☆☆☆☆☆☆

 2才、3才~5才の子どもたちが縦割りのクラスの中で、自分の内的欲求に基づき、自由に教具を選択し、時には一人で時には仲間を誘い、活動・作業をします。
 教師は、個々の子どもの発達に応じて特別に考慮された保育環境の広がりを用意・提示しておき、その環境の中で、教具との関わりの指導をしながら、活動・作業をしたり遊んだりする子どもを常に観察し、必要以上の規制は避け、無秩序な行動や不適切な行動に対してのみ介入します。
“ 不必要な助けは発達の障害である ” からです。

 小規模の園という特徴を生かし、きめ細やかな目配り・心配りのゆきとどいた保育をいたします。
そして子どもは心おきなく内的欲求を発露して、のびのび・はつらつと過ごせます。
 もう何々ができる等々と、いたずらに個性と称して目新しいことができることを競うのではなく、少青年期までを見通しての一人の人間としての望ましい個性の発達、真の自立と自己開示能力を育成してゆくために、この乳幼児期に体得しておくべき基本的能力・感性が身に付く保育をいたします。
限られた幼児という時期にとって不要あるいは時期尚早な事項は敢えて保育の現場から除外し、その分の時間で地味でも幼児期にこそ体験・吸収しておくべき事柄を大事にしています。
 基本的生活習慣の習得については、個性の尊重とは別の次元としてとらえ、一人一人個別に、身に付くまで(知識ではなく体得するまで)繰り返し教えます。

 親のためでも保育者のためでもなく、なによりも子ども自身のために、奇をてらわず地道に誠実な保育をいたします。

【募集要項】

   年  齢 : 2才~5才児
   保 育 日  : 2才児    ……月・水(11:30まで)
                         3才児    ……月・火・木・金
         4,5才児 ……月 ~ 金
   保育時間 : 9:00 ~ 14:00
         ( 但し水曜日は 11:30 まで )

   募集人数 : 各年齢   …… 3~5名ずつ

   入園時期 : 随時 中途入園にも応じます

        ※ 2才児については満2才の誕生日以降、入園出来ます。
      週1日の午前保育から始め、月齢・発達状況・慣れなど
      により、日数・時間を増やしていきます。

【保育見学について】

      下記に電話してください。
   保育環境・保育状況を見ていただき、お子様を自由に活動させてみてください。

【お申し込み・お問い合わせ】

子どもの家  電話:7123-3999  住所:野田市山崎2595-2 (流山街道沿い江戸川病院近く)
自   宅  電話:7123-3362  住所:野田市山崎2625-1  (子どもの家の隣り)

 

     モ ン テ ッ ソ ― リ  森 田  子 ど も の 家  

     責任者:日本モンテッソーリ教育総合研究所公認教師 
                     森 田 明 美

|

7月の園外保育

7月3日(水)は、園外保育で

「すみだ水族館」に行ってきました。

入館してすぐに広がる「自然水系」は、明るい水槽。

「エビがいるね~。綺麗な魚だね~。」と

うっとりながめます。

「ミズクラゲって、大きいんだね。」

フワフワ泳ぐミズクラゲを観ていると

気持ちもゆったり。

197_20190705132602 

大水槽では、サメとごあいさつ。

「ひゃ~、来る~来る~。」

と妙にうれしそう。

197_20190705132603

ペンギンのごはんタイム。

1羽1羽、何をどれ位食べたのか記録しながら、

餌をもらっています。

197_20190705132604

体験プログラムのコーナーでは、

「きんぎょ色あわせ」のワークショップをしました。

金魚の型紙にちぎり紙を貼って、

かわいいオリジナル金魚を作りました。

197_20190705132605

体験プログラムを終えて、

お昼ご飯を食べました。

197_20190705132606

昼食後、ペンギンのぬいぐるみで

遊びたかったらしく、他のお友達に混ざって、

ペンギンごっこ遊びをしました。

 その後は、もう一度見ておきたい所を

回ることにしました。

197_20190705132607

「水槽の中に人がいる!」

水槽の中を、水中掃除機でお掃除中でした。

 すみだ水族館は、時間がゆっくり流れているようで

子ども達ものんびりゆったり出来るようです。

 

 

|

カレーの日

6月28日(金)は、カレーの日でした。

19_20190701162601

身支度の早く済んだお兄さんたち、

玉ねぎの皮をむくところから始めましょうか。

19_20190701162602

ニンジン、ジャガイモ、タマネギの

皮をむいたり切ったりしましょう。

19_20190701162603

包丁を洗うときも、お指を傷つけないように

気を付けてね!

19_20190701162604

年長さんには、お鍋にお肉を入れてもらいました。

ボチャンと入れると、熱いお湯が飛ぶから

菜箸でそお~っとね。

19_20190701162605

カレールーを入れる時もそ~っとそっとね。

みんな、一人ひとかけらずつ入れましょう。

グツグツ煮たら・・・できあがり。

19_20190701162701

お昼近くには、お母さま方もいらして、

ご一緒に、みんなの作ったカレーをいただきました。

みんなで食べるとおいしいね。

ごちそうさまでした!

 

 

|

徒歩遠足

6月21日(金)は、徒歩遠足で、

県立柏の葉公園まで、ひたすら歩きました。

196_20190701161301

途中休憩も挟んで、また歩きます。

196_20190701161302

県民プラザで、お手洗いを借りて、お茶休憩。

縄文式土器の前で記念撮影。

196_20190701161303

県立柏の葉公園に到着しました。

ここからは、お友達と手を放して歩いても平気だね。

196_20190701161304196_20190701161305

随分歩いてきたのに、皆さん元気ですね~。

今年の年少さんは、手足を使うのが上手!

ボルダリングのような急斜面もぐんぐん登って行きます。

遊んだ後は、お弁当タイム。

196_20190701161402

お弁当の後もまだ時間があったので、

公園内をお散歩しました。

日本庭園内では、鯉をながめてのんびり。

196_20190701161403

まだ遊んでいないアスレチックがあった!

果敢に挑むものの、

さすがにくたびれてきたのか、

足がよろんよろんしている人も・・・。

196_20190701161404

それでは、そろそろお帰りの歌を歌って、

「さようなら」

今日は、早く寝てくださいね。

 

 

 

 

|

父の日参観日

6月16日(日)は、父の日参観日でした。

今年は、全員のお父様がおいでくださり、

子ども達は、大喜び。

19_20190701154302

お父さんとご一緒に粘土をこねましょう。

「何を作ろうかな~」

19_20190701154303

お父さんの手は、大きいですね。

これから

乾燥→窯で焼く→彩色→釉薬→窯で焼く

の過程を経て、できあがり。楽しみですね。

19_20190701154304

今年は、みんなそろって早く終わったので、

帰りの会も観ていただくことになりました。

お当番さんの発案で、線上歩きも観ていただきました。

19_20190701154305

お父さん方が観てくださる中でも、

うれしすぎてふざけることもなく、

静かな帰りの会が出来ました。

19_20190701154306

お父様方、お休みの日を子どもたちのために

使ってくださり、どうもありがとうございました。

|

6月の園外保育

6月5日(水)は園外保育で、

国立科学博物館に行ってきました。

目的は「大哺乳類展2」です。

196

評判通りの大迫力で骨格標本や、

剥製が迫ってきます。

196_20190701152401

あ、みんなの大好きなハダカデバネズミがいた!

そういえば、ポスターやチラシにもちょこんと

入っているねえ

196_20190701152402196_20190701152403

セミクジラの口と、カマイルカの口をくらべっこ。

こんなに大きいクジラだけど、食べるのは小さな小さな

オキアミとかなんだよね。

196_20190701152501 

「ザトウクジラのひげ板って、どうゆうこと?」

「なんか痛いけど!」

196_20190701152502

そして、一番印象的だったのは、

昨年夏、鎌倉に打ち上げられた赤ちゃんクジラの骨格標本。

出来立てのせいか、お薬の臭いが強烈なのと、

胃の内容物がよく分かって、衝撃でした。

196_20190701152601

プラスチックの入れ物がそのままの状態で入っていて、

「これを食べちゃったら、お腹痛かっただろうね~。」と

子どもにもわかる展示でした。

ニュースで見ているのと、実物をみるのとでは、違うものですね。

196_20190701152701

お弁当休憩の後、日本館の中を観て回りました。

Photo_20190701152801

でも今回は、何故か展示物よりも

階段を下りるのに夢中でした。

19610

たしかに、日本館の階段とステンドグラスは、

うっとりするくらい綺麗でしたね。

 

 

 

 

|

親子遠足

5月24日(金)は、

親子遠足で、つくばエキスポセンターに行ってきました。

お天気にも恵まれて、

ラッキー&ハッピーな子ども達。

つくば中央公園は広くて木々もたくさん。

外をお散歩するのも、気持ち良さそうな日ですね。

ほどなく館内に入り、

親子で1階の展示場を観て回りました。

太陽光発電のゲームをする子もいれば、

風力で風船を吹き上げてキャッチするのを

親子で楽しんだり、

19_20190701141803

「ジャイロ運動」では、不思議!自分の意志とは関係なく、

自分が回っちゃう!

ひとしきり、いくつかの体験をした後、

休憩室でお弁当をいただきました。

この日は、休憩室の利用者数が多いらしく、

慌ただしかったのが、ちょっと残念。

19_20190701144001

 お弁当の後は解散して、プラネタリウムを観る人、

3D映像を見る人、2階の展示を観る人、

体験コーナーの手作り科学おもちゃで遊ばせてもらう人、

「飛び出すしかけ絵本」の特別展示を観る人など、

親子ごとに楽しんで、帰ってきました。

|

5月の園外保育

5月8日(水)は、園外保育で

「千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパス」

に行ってきました。

はじめに、予定外ではありましたが、

あまりに良いお天気なので

スカイツリーの「展望デッキ」と「展望回廊」を

観てきました。

お天気の良い日の「展望回廊」は、

空の中を歩いているみたい。

195_2 

今日は男の子だけだから、キティちゃんの展示は

通り過ぎようとしたら、

「え、ここで写真撮らないの?」とのリクエスト。

ジャパニーズかわいいは、男女も世界も飛び越えるのですね。

195_3

「ガラス床」から下をのぞくのは、あっという間に終了。

(あら、もったいない。)💦

 そして、いよいよ

「千葉工業大学東京スカイツリータウンキャンパス」へ。

いきなり目の前に現れたのは、

AR(拡張現実)技術を使用したゲーム。

床に映る小惑星を踏むと、壁に向かって飛んでいき、

爆発したり、消え去ったり。

子どもたちはこういう体感型ゲーム、もちろん大好き。

ひとしきり遊ばせていただきました。

195_5

次のお部屋では、ロボットの展示がありました。

福島第一原子力発電所で、調査活動をしている

レスキューロボットです。

目の前で動かして、丁寧に説明してくださいました。

195_6

「超巨大ロボティックスクリーン」に映る

ロボットとは、一緒に歩いてみたり。

195_7

パソコンの中で、レスキューロボットを動かすことが

出来るソフトを触っている子もいました。

はじめはまるで動かせなかったのに、

何度もトライ&エラーを繰り返して、

ついには階段の昇り降りも操作できるように

なっていました。

 いつの日か、人の役に立つものを作り出す大人に

なる子もいるかしら、と夢を馳せたのでした。

 

 

 

 

 

|

4月の園外保育

4月24日(水)は、園外保育で、

上野動物園に行ってきました。

時折ぱらつく雨に、入園をためらいましたが、

子ども達はすっかり「動物園モード」

元気にゾウさんの前にやって来ました。

ながらく修理中だったモノレールにも乗れて

大喜び!

両性爬虫類館で、ワニを観たり、

トカゲを観たり、

おっかなびっくり化石に触れたり

楽しみどころは、沢山。

そろそろお昼ごはんにしましょう。

お昼の後は、恒例になりつつある

ハダカデバネズミ詣で。

赤ちゃんも生まれていました。

毎回ここでの滞在時間が一番長いのです。

その後は、東側に戻って、ヒグマを観たり。

立ち上がって壁に背中をこすりつけるヒグマは

目の前で見ると大迫力。

かとおもうと、柵の上を歩く

ナメクジに、妙に目をひかれたり。

子どもの家にもいるのに何故?

雨が降っても降ったなりに楽しい

上野動物園でした。

|

2019年度 入園式

4月11日(木)は、森田子どもの家の入園式でした。

今年の入園児さんは5名。

私共としては、一学年あたりマックスの人数です。

19_7

入園式については、緊張を伴うお式ではなく、

なごやかな雰囲気です。

子どもが集まるまで、紙芝居を見て待っています。

19_8

では、全員揃ったところで、始めのご挨拶。

19_9 

年長さんと年中さんは、

聖歌「きれいな花よ」を歌って、歓迎します。

その後、一人ずつ自己紹介もしました。

新入園児さんは、お名前を呼ばれたら、お返事をしました。

全員ができて、素晴らしい!

19_10

途中、森田先生のお話とペープサート、

「チューリップ」のお歌を歌って、入園式はおしまい。

19_11

沢山のお友達が、森田子どもの家にご入園くださり、

在園児の皆さん、とても張り切っています。

今年度も楽しく健康に過ごせますように!!

|

卒園生向け園開放日のお知らせ

6月1日(土) 9:00~11:30

卒園生向け園開放をいたします。

夏のお泊り会の顔合わせを兼ねています。

お時間のある方は、遊びにいらしてくださいね。

|

«2018年度 卒園式